2012年07月19日

雨の後の渓流

昼に時間ができた。

1時から3時まで釣りができそうなので兄様と密談。

今、能代なんだがあのダム上の尺ヤマメ何処にいる?

ダム上は一本確認しているがイワナ90%ヤマメ10%だべ・・ダム下ならあそこのポイントに尺ヤマメのいいの居るぜ!!
っと、ポイントを聞いて尺ヤマメを釣りに。

あれやこれや迷った挙句に川に着いた。

得意の川は先行者にポイントを奪われていた。

ルアーの3人組のようだ、LLサイズの足跡が下流から上流までついている。

かなりハイペースで釣っているようだ。

絶望に帰ろうかと思ったが、下流を少し狙ってみた。

昼すぎだし小さいヤマメなら釣れるだろうと思ったから。

20〜24cm位のがプールで浮いている
IMGP1357.JPG

14#のウルフをロングで飛ばす
フライに出るがフキングしない、ルアーでかき回されたからだ。
何回目で釣れるだろうか、試してみた。ちょうど10回目でヒット
IMGP1359.JPG

魚は見えるが釣れね〜もんだな・・って一人でボヤイテいたらハッチしていたのが判った
IMGP1362.JPG

なるほど、このフライなんだ!!

それから快進撃
そして諦めていた尺ヤマメを発見・・ここに居なかったら諦めようと思っていたポイント

流れの芯に居る。すかさずウルフをキャスト。

ヤマメはフライを見ながら大きくターンした。こいつはなかなかのヤマメと感じた。
ここで同じフライをキャストするとこのヤマメは沈む。

そう感じたので少し細い6xティペットを少し足し、フライを12#に変えた。

フライはヤマメの鼻先30cmに落ちた。

なんの戸惑いもなく35cmはあろうヤマメはフライを吸い込んだ。

イッタダキ〜とつい下品な言葉を発しゴンッと乗った・・・・と思った瞬間

フッツと何かが切れた・・・・・

ティペットの結び目が切れてヤマメは首を大きく振りながら・・沈した・・

釣れた話より。失敗談のほうが読者は喜ぶ。

そしてどれだけ自分が悔しいか・・・みんな解ってくれよ!!

今夜は少し機嫌が悪い・・プンプン




posted by Rhogan at 18:30| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。